土地代の安い狭小住宅で理想の家を手に入れる

若い世代から人気

一軒家

茅ヶ崎エリアの魅力に繋がっているのが、自然環境に配慮した暮らしで、中古一戸建ては価格も手頃で人気の物件です。中古ならではのデメリットをメリットに変えるため、リノベーションやリフォームは定番となり、若い世代でも住宅を購入できる魅力もあります。

詳しくはこちら

イチオシリンク

家の購入に関する情報

住まい

自然に恵まれ交通機関も発達していることから、藤沢は住宅地として人気を集めています。人気に乗じて土地の価格が上昇しているため、購入の際には十分な費用が必要です。中古物件をリフォームすれば安い費用で抑えることが可能です。また、内陸部と比較して地価が安い海岸部の土地を探すという方法もあります。

詳しくはこちら

大都市で快適に暮らす

一戸建ての夢を実現

住宅模型

近年、東京都内において新しい住まいのスタイルとして注目されているのが、狭小住宅です。東京は世界でも屈指の人口過密都市で、住宅用地は慢性的に不足気味です。そんな東京でもあこがれの一戸建てマイホームを実現できるというのが、狭小住宅が人気となっている理由です。基本的には注文建築がメインですが、最近では建売の狭小住宅を専門に扱う不動産業者なども登場しています。狭小住宅をただ単に「狭い家」ととらえるなら、そのような物件は以前から東京都内にはたくさん存在しました。しかし昨今の狭小住宅人気は、その狭さを「広い家に住めないから仕方なく」というマイナス要素として考えず、むしろ狭いがゆえのメリットを楽しむというポジティブな姿勢が背景となっています。

間取りの工夫で個性を発揮

狭小住宅ゆえの積極的なメリットとしては、まず、土地価格の安さを挙げることができます。狭小住宅の用地となるのはおおむね10〜15坪程度の、一般的な概念からすれば住宅建築には適さないような土地です。また、変形地も少なくありません。そのため用途が限られることになり、結果的に相場に比べると割安な値段で取得することが可能です。また、狭いがゆえに却って個性的なデザインが楽しめるというメリットもあります。玄関から廊下、そしてリビングへ、あるいはダイニングキッチンへといった常識的な動線を実現することができない分、狭小住宅にはさまざまな間取りの工夫が駆使されます。地下室・中2階・坪庭・吹き抜けの渡り廊下など、空間を最大限に有効活用することで他にはないユニークな住空間を実現することができます。

こだわりを反映させる

家

朝霞市の魅力は好アクセスと、豊かな自然を感じられる公園などの施設の充実、また生活に欠かせない日用品の購入店の多さなどが挙げられます。アクセスの良さのわりに隣接するエリアに比べると土地価格も安く、駅近くでも新築一戸建てを持つことのできる市です。

詳しくはこちら